杉原記念館の友人の皆さま

隠さずに率直に述べさせていただきますが、杉原記念館は、現在、多くの中小企業と同じように、新型コロナウイルスによって非常に大きな影響を受けています。
パンデミックに直面し、開館してから20年の中で初めて、長期間にわたって記念館を閉鎖しなければならない状況に陥っています。ウイルスの流行が収束したら、また開館できると私たちは確信しています。しかしながら、パンデミックによってもたらされた旅行への恐怖が収まって、また人々が記念館を訪れるようになるまでには、数ヵ月以上かかることになるだろうという状況も理解しております。「杉原“命の外交官”基金」は、非政府組織です。記念館には年間予算を割り当てられているわけではなく、入館者へのチケット販売収入と寄付金が主な収入源となっています。感染強化期間に、この収入がまったく途絶えてしまいました。2019年に記念館を訪れてくださった方々の85%は日本からでした。ですので、既に2月から、来館者数と収入の減少を感じておりました。この20年間に杉原記念館は様々な困難に立ち向かっておりましたが、今回は本当に記念館を維持できるかどうかの瀬戸際におります。

このような状況をご理解くださり、杉原記念館維持のためにご寄付いただければ大変ありがたく存じます。

http://www.sugiharahouse.com/jp/support-us